さまざまなプラン|【お金のプロへ相談】困りごとはファイナンシャルプランナーが解決|consultation

自転車に乗るのであれば保険内容を把握するのが鉄則

さまざまなプラン

自転車に乗る人

まずはパンフレット請求

自転車保険に加入したことがないのであれば、ウェブサイトからパンフレットを請求するといいでしょう。その際に、1社にするのではなく、複数の業者に注文することによって、自分に合った自転車の保険内容を得ることが可能になっています。そうすることによって、快適に通勤や通学をすることができ、もしものことがあっても大きなトラブルに発展することもありません。

基本的な補償

自転車を買ったらほとんどがお店ですぐに保険の説明をされます。しかし、内容が不明のまま契約してしまうと損をすることになるので、きちんと計画を立てておかなければなりません。例えば、一般的なものであれば、個人賠償責任保険金額を1000万円受け取ることができ、一年に支払う料金が2900円と安くなっています。他にも、個人賠償責任保険金を1億円まで支給してもらえるようになっています。この場合は、年に3500円程度を支払うだけでいいので、大きな負担になるほどではありません。しかし、年齢制限があり70歳未満が対象となっているので、注意しておかなければなりません。最後に、もらえる賠償金は1億円と同額でも、年額が9800円支払わなければならないプランがあります。ですが、示談交渉が付いており、一緒に生活を共にしている家族が全て対象になっているのが特徴と言えるでしょう。家族が多ければ多いほど、後者のような手厚いサービスがついた保険に入っておくべきです。なぜなら、自分だけではなく、家族の安全を守ることもできるようになるのです。

手続き方法

自転車販売店で手続きをすることもできますが、後から保険に加入を決断したのであれば、インターネットから専用サイトを探して申し込む必要があります。そのためには、いいと思った保険を選び、インターネットから予約をします。そして、そこからメールが送信されてくるので、支払方法や契約内容などを確認し、支払を済ませます。しかし、何か不安や疑問に感じることが発生した場合は、放置せずに電話などで保険会社に問い合わせて解決しておきましょう。

備えあれば患いなし!保険加入者はそう感じています

本当に保険金を受け取れた

私の子供が学校の通学で自転車を利用するので、購入と同時に手続きをしました。その時は半信半疑でしたが、実際娘が事故に巻き込まれた際に、丁寧かつスピーディーに対応してもらうことができたんです。相手の方ともスムーズに対応してくれて、本当に良かったと感じています。

広告募集中